歯科口腔外科

済生会兵庫県病院トップページ > 診療科・部門のご紹介 > 歯科口腔外科 > 人工歯根(インプラント)について

人工歯根(インプラント)について

歯の抜けたところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に金属製の心棒(支台装置)を立てて天然歯の代わりとして使用します。完成すれば天然歯と同じように見え、同じように噛む事ができます。インプラントの材料は純チタンです。チタンは体内に埋め込んでも変質せず、金属アレルギーを起こしにくい金属です。インプラントの寿命は、金属が折れるか歯周病で抜け落ちるまでで、噛む力の強さや噛み方、手入れの仕方で変わってきます。これは天然歯でも同じです。当院でのインプラントは、ほとんどの方が10年以上経っても健全に機能しています。

インプラントがダメになる理由は2つあります。

費用(税別)

術前検査・診断料 5万円
手術費用 1回の手術につき:1本 25万円、2本 40万円、3本 55万円、4本 70万円※骨の状態により別手術(別料金)が必要な場合があります
人工歯 セラミック歯 天然歯と同じ色、質感ですが割れることがあります(1本8万円)
金属歯 見た目は金歯ですが壊れることがありません(1本5万円)

インプラント入れ歯について

下顎の総入れ歯をお使いの方で、話してる最中に外れる、咳やくしゃみをすると飛び出す、食事をすると動くので思ったように噛めない等お悩みの方は多いのではないでしょうか。そう言った方にお勧めなのがインプラント入れ歯です。

インプラント入れ歯とは

下顎に最少2本のインプラントを用いて入れ歯を固定します。通常のインプラントと手術、期間、治療費は同じです。入れ歯の取り外しや装着は、従来の入れ歯のようにご自身で扱えます。入れ歯は新しく作ることもできますが、現在使用中の入れ歯に少し手を加えるとそのまま使用できることもあります。インプラントの埋め込み手術をしてから約3ヶ月後に完了します。費用は手術時に2本で40万円(消費税別)と義歯調整時に部品代がインプラント1本につき2万円(消費税別)必要です。

インプラント入れ歯の利点

入れ歯がしっかりとインプラントで固定されるので、入れ歯安定剤を使わなくても話の最中に入れ歯が浮き上がったりずれたりすることがありませんし、通常の入れ歯では食べられなかった物が噛めるようになります。

診療科・部門の
ご紹介
内科
外科
呼吸器外科
小児科
産婦人科
整形外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科
泌尿器科
放射線科
歯科口腔外科
麻酔科
脳神経外科
リハビリテーション科
消化器センター
人工関節センター
小児医療センター
周産期母子センター
救急センター
人工透析室
がんセンター