消化器センター

済生会兵庫県病院トップページ > 診療科・部門のご紹介 > 消化器センター > C型肝炎の3剤併用療法について

C型肝炎の3剤併用療法について

C型肝炎の新しい治療

ペグインターフェロン・リバビリン・シメプレビル3剤併用療法

当院消化器センターでは、以前より慢性肝疾患の治療、特にウイルス性肝炎の治療に注力し、多くの患者様の治療を担当させていただきました。昨年末に新規C型肝炎治療薬のシメプレビル(商品名ソブリアード)が発売されました。シメプレビルを含む3剤併用療法は以前の治療法にくらべて

我々済生会兵庫県病院消化器センターでは、今までの治療経験を活かし、C型肝炎からの発癌を少しでも減らすべく、本城内科部長(日本肝臓学会肝臓専門医)を中心に、この新しい治療を精力的に推進してゆきます。本治療には「HCV-RNA陽性かつセログループ1型のC型慢性肝炎で、肝がんの合併のないもの。再治療例もしくは、高ウイルス量」という適応制限がありますが、適応外のかたにもふさわしい治療法を提案させていただきますので、治療をご希望のかたは、ぜひ我々の外来を受診ください。

診療科・部門の
ご紹介
内科
外科
呼吸器外科
小児科
産婦人科
整形外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科
泌尿器科
放射線科
歯科口腔外科
麻酔科
脳神経外科
リハビリテーション科
消化器センター
人工関節センター
小児医療センター
周産期母子センター
救急センター
人工透析室
がんセンター
人間ドック・検診センター