診療科・部門のご紹介

済生会兵庫県病院トップページ > 診療科・部門のご紹介 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

科長からのごあいさつ

耳鼻咽喉科は、人が生きてゆく上で極めて重要な領域を、広く、その守備範囲としています。 まず、聴覚、嗅覚、味覚、平衡感覚など、われわれが健康な生活を過ごす上で最も重要な、感覚器に障害をきたす疾患の治療にあたっております。また、呼吸、咀嚼、嚥下など生きてゆくための基本的な機能についての障害に対する治療や、社会生活を送るうえで欠かすことのできない音声・言語を用いたコミュニケーションに関する疾患の治療にも深く携わっています。現在の耳鼻咽喉科は、耳科、鼻科、頭頚部外科、というように専門化されてきています。 当科ではどのような疾患に対しても、患者さまの「Quality of life」を第一に考え、全人的視野を持ちながら診療することを信条としています。 中耳炎や副鼻腔炎といった耳鼻咽喉科領域の「ありふれた病気」に対しても的確に診断し、一日でも早くきちんと治癒させることを心掛けています。 また、通院では治りにくい疾患や重症疾患、頭頚部腫瘍などに対しても、治療に関するメリット・デメリットを出来る限り詳しく説明し、患者さまの納得のもとに手術など種々の治療を実施しています。

特色・メッセージ

耳鼻咽喉科は、可能な限り近隣からの救急患者を受け入れ、鼻出血、めまい、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎などの当日入院が必要な患者にも対応し、手術についても口蓋扁桃摘出術、鼻内内視鏡手術、顕微鏡下喉頭微細手術、唾液腺、甲状腺、鼓膜形成術などに取り組み、さらに手術用顕微鏡を導入し、鼓室形成術などに対応可能な体制を構築する予定です。また地域の拠点病院として、みみ、はな、のどの症状でお困りの患者さんの紹介を受けることが多くあります。めまいでの精査・相談などでは、時間をかけて患者さんの悩みに耳を傾け、腫瘍性疾患が疑われる場合には検索・精査を行い、頭頸部の悪性腫瘍のみならず、食道がん(嚥下困難、嗄声で来院)、肺がん(頸部リンパ節転移、嗄声などで来院)などの除外なども行い、早期発見・治療に結びつくよう、注意を払いながら、外来診療を行っています。上記の理由から時間がかかる外来診療になる傾向にあり、患者さんに長時間お待ちいただいています。また当科も病院機能評価の関係で、紹介率、逆紹介率の改善が必要です。外来診療の継続が必要な患者さんについては、紹介させていただく事があるかと存じます。何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

専門特殊外来

感覚器の機能検査

聴覚機能検査設備 純音オージオメーター
語音聴力検査
インピーダンスオージオメーター
嗅覚検査 静脈性嗅覚検査
平衡機能検査設備 Frenzel眼鏡
内視鏡検査設備 鼻咽喉ファイバースコピー(電子内視鏡)
顕微鏡 外来手術用顕微鏡

スタッフ紹介

  • 竹田 和正

    役職

    • 耳鼻咽喉科副部長

    資格等

    • 日本耳鼻咽喉科学会認定指導医・専門医
    • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
    • 日本耳鼻咽喉科学会認定騒音性難聴担当医
    • 厚生労働省認定補聴器適合判定医
診療科・部門の
ご紹介
内科
外科
呼吸器外科
小児科
産婦人科
整形外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科
泌尿器科
放射線科
歯科口腔外科
麻酔科
脳神経外科
リハビリテーション科
消化器センター
人工関節センター
小児医療センター
周産期母子センター
救急センター
人工透析室
がんセンター
人間ドック・検診センター