診療科・部門のご紹介

済生会兵庫県病院トップページ > 診療科・部門のご紹介 > 放射線科

放射線科

科長からのごあいさつ

基本方針

放射線科では各診療科の医師に対し、検査の有用性、必要性についてよく吟味し、患者さんに説明したうえで、検査を依頼していただくように働きかけを行っております。また、少ない被ばく線量で質の高い画像を提供できるよう細心の注意を払って機器の整備を行っています。患者さんが安心して検査を受けていただけますように、今度とも努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

診療内容

診断目的の血管造影から治療を目的としたインターベンショナルラジオロジー(IVR)に積極的に取り組んでいます。 IVRには肝細胞がんを代表とする腫瘍に対する動脈塞栓術、喀血や消化管出血に対する動脈塞栓術、 転移性肝腫瘍に対するリザーバー留置術、IVHリザーバー留置術(在宅での点滴加療に有用です)、 閉塞性動脈硬化症や透析シャント狭窄に対する血管拡張術やステント留置術、胃静脈瘤に対するBRTO等を行っています。 なお当院では2009年よりフィルムレス(マンモグラフィを除く)となり、診察室や各部門の端末で画像と診断結果を見ることができます。

放射線被曝について

”X線を使った診断用の検査(CTやX線写真)がガンを増やす”との論文が2004年1月31日のLancet誌363号に掲載され、これが読売新聞で取り上げられて大きな反響を呼びました。日本はCTの台数も件数も世界一なので、放射線被ばくが多くなるのはやむを得ません。しかし、被ばくの増加によってがんが本当に増えているかどうかにについては専門家の間でも議論があります。また、X線写真やCTによって早期にがんが見つかったり、その他の病気の診断が正確かつ迅速に行われたりすることによって救われる患者さんの命がたくさんあるということについて論文の中では考慮されていないことが問題点として指摘されています。


 ※国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 HP より引用(2016.10.17)

特色・メッセージ

放射線科では胸部レントゲン写真・CT・MRI・核医学検査・マンモグラフィの読影とIVR(脳・心臓を除く)を担当しています。一昨年秋には待望の血管造影装置の更新が行われ東芝メディカル社製INFX-8000Cを導入し使用してきましたが、FPD(フラット・パネル・ディテクター)が12インチのため肝を主とした上腹部を撮影するにはややFOVが狭く、コーンビームCTの撮影設定も思われたほど容易ではなくCTA(肝動脈造影下CT)・CTAP(経動脈性門脈造影下CT)や塞栓術後のLp-CTの撮影設定も手間がかかるものでした。

昨年四月に本邦でもDCビーズが抗がん剤含浸時において保険適応され、肝細胞がんの塞栓術時に使用可能となりました。以前は肝細胞がんに対しリピオドール・抗がん剤・多孔性粒状塞栓物質を用いた化学塞栓療法(TACE)が行われてきましたが、今後は当院でも抗がん剤を含浸させたDCビーズを用いたDebTACE(drug eluting beads TACE)を行うことができるようになりました。研究会や学会で初期使用経験の報告が散見されており、以前のTACEに比し腹痛・発熱などの塞栓術後症候群の頻度が少なく、程度も軽くすむことが報告されています。また腫瘍崩壊症候群に陥る危険性が少ないとも報告されており、PSの悪い高齢者の巨大肝腫瘍に適応があるのではないかと指摘され、従来のTACEとの使い分けができると考えられています。当科でも今後はこのような症例に対しDebTACEを行っていく予定です。

患者さんへ

スタッフ一同安全に検査が行われる様に心がけておりますので、安心してお越しください。
尚、マンモグラフィ撮影は女性技師による撮影を行っています。

連携病院・開業医の先生方へ

急を要する所見が得られましたら、地域医療連携室を介し、緊密に連絡を行いながら対処したいと思いますので、どうぞよろしくご高配ください。

検査を受けられる方へ

詳しくは、こちらをご覧ください。

よくあるご質問

詳しくは、こちらをご覧ください。

当科の機器紹介

詳しくは、こちらをご覧ください。

主な対応可能疾患

当院には外照射装置がありませんのでいわゆる放射線治療は行っていません。
当院ではアンギオ装置を用いた、IVR(画像下治療)を行っています。
肝動脈・気管支動脈・子宮動脈の各塞栓術(それぞれ肝細胞がん・喀血・子宮筋腫などの治療目的)
悪性腫瘍への動注化学療法。動注ポートやCVポート留置、胃静脈瘤など門脈側副路拡張に対するB-RTO。
CT下生検・CT下膿瘍ドレナージなどが対象疾患です。

スタッフ紹介

  • 越野 司

    役職

    • 放射線科部長

    資格等

    • 日本医学放射線学会放射線科認定医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 山脇 陽子

    役職

    • 放射線科副部長

    資格等

    • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
    • 検診マンモグラフィ読影認定医

診療実績

2016年度の各検査件数

疾患 手技 症例数
肝細胞癌 肝動脈塞栓術 16(4)
子宮筋腫 子宮動脈塞栓術 3
転移性肝癌 肝動脈動注化学療法 0(1)
消化管などの出血 動脈塞栓術 0
静脈瘤 B-RTO 2(2)
CVポート造設 CVポート造設 3(2)
喀血 気管支動脈塞栓術 0
部分脾塞栓術 PSE 0
診断 血管造影 3(1)
合計 27(10)

※( )内は、内科症例数

業務量の概数

日々の業務

検査 業務量概数(1月あたり)
一般撮影検査 2,215件
X線TV 73件
マンモグラフィ検査 107件
骨密度 57件
CT検査 631件
MRI検査 317件
心カテIVR 20件
RI検査 33件
泌尿器TV 16件



診療科・部門の
ご紹介
内科
外科
呼吸器外科
小児科
産婦人科
整形外科
耳鼻咽喉科
眼科
皮膚科
泌尿器科
放射線科
歯科口腔外科
麻酔科
脳神経外科
リハビリテーション科
消化器センター
人工関節センター
小児医療センター
周産期母子センター
救急センター
人工透析室
がんセンター
人間ドック・検診センター