病院紹介

済生会兵庫県病院トップページ > 病院紹介 > 病院概要

病院概要

済生会兵庫県病院の理念,信頼・安心の医療の提供

基本方針

患者の立場に立った医療、患者の満足する医療を追求する。

地域中核病院として分担すべき役割や機能を明確にし、連携を通して地域医療に貢献する。

チーム医療を推進し、医療の質を向上する。 

予防からリハ、社会復帰までの全人的な包括医療を推進する。 

職員各自互いを尊重し、切磋琢磨して、「誇りの持てる職場づくり」に努める。

医療を通じて社会に貢献する。

病院の概要

設立主体 社会福祉法人恩賜財団済生会支部兵庫県済生会
名称 社会福祉法人恩賜財団済生会兵庫県病院
所在地 〒651-1302 兵庫県神戸市北区藤原台中町5丁目1番1号
電話番号 078-987-2222(代表)
FAX番号 078-987-2221(代表)
病床数 268床
診療科目 内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、麻酔科、放射線科、歯科口腔外科、消化器内科、リウマチ科、アレルギー科、リハビリテーション科
敷地面積 28,338.67平方メートル
建物構造 鉄筋コンクリート造6階建
建築延床面積 17,511.07平方メートル(別館427.7平方メートル含む)


済生会病院とは

明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療による済生の道を弘めるように」との済生勅語に添えてお手元金150万円を下賜されました。桂総理は、この御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募り、同年5月30日恩賜財団済生会を創立しました。
以来今日まで本会は、創立の精神を引き継いで、保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできました。

総裁 秋篠宮殿下
会長 有馬朗人
理事長 炭谷茂
済生会本部URL http://www.saiseikai.or.jp/

バリアフリー情報

  • 青色表示設備がある場合

  • 灰色表示設備がない場合

分類 ピクトグラム 説明
駐車場 駐車場がある 駐車場 駐車場がある
障害者対応トイレ(車いすで利用できるトイレ)がある 障害者対応駐車区画 障害者対応トイレ(車いすで利用できるトイレ)がある
敷地内通路(建物前) 建物の主な外部出入口前が平坦 平坦 建物の主な外部出入口前が平坦
建物の主な外部出入口前に段差や階段がある 段差・階段あり 建物の主な外部出入口前に段差や階段がある
建物の主な外部出入口前などにスロープがある スロープ 建物の主な外部出入口前などにスロープがある
建物の主な外部出入口 建物の主な外部出入口が自動ドアである 自動ドア 建物の主な外部出入口が自動ドアである
開き戸(手動) 建物の主な外部出入口が開き戸である
建物の主な外部出入口が引き戸である 引き戸(手動) 建物の主な外部出入口が引き戸である
トイレ 洋式トイレがある 洋式トイレ 洋式トイレがある
乳幼児のおむつを交換できる台がある おむつ交換台 乳幼児のおむつを交換できる台がある
障害者対応トイレ(車いすで利用できるトイレ)がある 障害者対応トイレ 障害者対応トイレ(車いすで利用できるトイレ)がある
オストメイト対応トイレがある オストメイト対応トイレ オストメイト対応トイレがある
大人も利用できる介護ベッドがある 介護ベッド 大人も利用できる介護ベッドがある
誘導案内 敷地内通路や建物内部に視覚障害者誘導用ブロックがある 視覚障害者誘導用ブロック 敷地内通路や建物内部に視覚障害者誘導用ブロックがある
声誘導装置や音声案内装置がある 音声誘導・音声案内 声誘導装置や音声案内装置がある
点字による触知案内板がある 点字案内板 点字による触知案内板がある
受付案内所がある 受付案内 受付案内所がある
昇降設備 一般用のエレベーターがある エレベーター 一般用のエレベーターがある
車いす使用者対応エレベーターがある 車いす対応エレベーター 車いす使用者対応エレベーターがある
点字表示又は音声案内付エレベーターがある 点字・音声付エレベーター 点字表示又は音声案内付エレベーターがある
乳幼児コーナー 授乳室がある 授乳室 授乳室がある
プレイコーナー・託児室がある プレイコーナー・託児室 プレイコーナー・託児室がある
その他 貸出し用車いすがある 車いす貸出し 貸出し用車いすがある
貸出し用ベビーカーがある ベビーカー貸出し 貸出し用ベビーカーがある
AED(自動体外式除細動器)を設置している AED AED(自動体外式除細動器)を設置している

日本医療機能評価機構の認定病院です

日本医療機能評価機構認定第GB171号

この機構は、厚生労働省の外郭団体であり、日本の病院の質を第三者の立場で評価するものです。
現在日本全国8,453病院のうち当院を含め2,194の病院が認定を受けております。(平成28年11月現在)
当院は、神戸市内で3番目に認定(平成12年)を受け、平成17年5月、平成22年9月、平成27年6月に認定証の交付を受けました。
この結果に慢心することなく、更に皆様に満足していただける医療を行うよう努力を続けてまいります。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

学会認定取得

病院の沿革

大正元年  8月
恩賜財団済生会が兵庫県における救療事業に着手
大正 8年  5月
兵庫県済生会診療所を神戸市葺合区(現 中央区)に開設 計20床
大正10年   8月
社会福祉法人恩賜財団済生会兵庫県病院と改称
昭和 6年  2月
林田診療所開設
昭和 9年  6月
増設工事竣工 計102床
昭和26年 8月
公的医療機関指定
昭和33年 3月
別館増設工事竣工 計245床
昭和48年 6月
老人医療センター増築竣工、 計279床
平成 3年  12月
神戸市北区に新築移転 計279床
平成 7年   1月
阪神淡路大震災被災
平成 8年  10月
新生児特定集中治療室 計6床
平成11年   4月
医療情報(オーダーリング)システム稼動
平成12年 5月
日本医療機能評価機構(一般病院 Ver.2)認定
平成13年 8月
地域周産期母子医療センター認定
平成15年 4月
地域医療連携室設置
平成15年 7月
新看護体系2:1看護届出
平成17年 5月
日本医療機能評価機構(一般病院 Ver.4)更新
平成17年 10月
新生児特定集中治療室増床 計9床
平成18年 4月
医療安全管理室設置
平成19年 6月
7対1入院基本料届出
平成19年 11月
地域医療連携室及び医療相談室を医療福祉事業室に再編
平成20年 4月
DPC(包括支払制度)対象病院  企画室 医療情報室設置
平成21年 4月
地域小児医療センター認定
平成21年 5月
医療情報システム管理室設置 画像情報システム稼動
平成22年 9月
日本医療機能評価機構(一般病院 Ver.6)更新
平成23年 4月
自動精算機導入
平成23年 9月
院内保育所開設
平成25年 1月
がん診療連携拠点病院に準じる病院認定
平成26年 2月
電子カルテシステム稼働
平成26年 4月
消化器、人工関節、がんセンター開設
平成26年 9月
病棟改修工事竣工(計268床)
平成26年 10月
地域包括ケア病棟及び小児専用病棟開設
平成27年  5月
日本医療機能評価機構(3rdG Ver1.0)更新
平成27年  8月
赤ちゃんにやさしい病院(BFH)認定
平成27年 11月
さい帯血バンク登録
平成28年 7月
地域医療支援病院 認定
平成29年 4月
障害者福祉サービス 短期入所事業(レスパイト)開設
病院紹介
院長あいさつ
病院概要
院内保育所
病院指標