病院紹介

済生会兵庫県病院トップページ > 病院紹介 > 院長あいさつ

院長あいさつ

済生会兵庫県病院は、明治天皇の済生勅語によって大正8年神戸市葺合区(現中央区)に開設、平成3年当地に移転し、皆様のお陰で北神の中核病院としての地盤を築かせていただきました。
当院は、各種学会より専門医制度の施設認定を受けている総合病院ですが、急性期病院として救急、消化器、がん治療、周産期、人工関節などの分野で高度かつ総合的な医療機能をさらに充実させ、地域医療を支援するための病院として皆様のお役に立てるよう日々業務改善に取り組んでいます。
超高齢化社会が急速に進展しその対応が喫緊の課題となっています。当院では多職種によるチーム医療で多疾病罹患、認知、虚弱の3要素を持った高齢者の皆様に総合的視点を持って対応しています。医療面のみならず、福祉・介護の面からも併設する訪問看護ステーション・特別養護老人ホーム、また行政などとも連携し、地域包括ケアシステムの構築に貢献して行きたいと考えています。

一方、少子の時代でもありますが、当院の周産期母子医療センターは多数の母体搬送を受け入れるなど、北神地域のみならず広範な地域から信頼される病院となることを目指しています。また、当院の母乳育児支援活動は「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」としてWHO・ユニセフに認定され、母乳育児による母と子の信頼関係強化が社会の健全化に繋がるとの信念のもと、その普及に注力しているところです。
済生会は、明治天皇の勅語「施薬救療」の精神に基づき、創立時より困難な状況におかれている人々を支えることを使命として事業に取り組んでいます。現在では、無料低額診療の推進、「なでしこプラン」として生活困窮者への支援事業などを積極的に行っております。経済的にお困りの患者さんがおられましたらご相談いただければ幸いです。

当院の理念は”信頼と安心の医療の提供”です。思いやりの心を持って患者さんに接し、済生会でよかったと思っていただけるよう今後も日々努力を重ねて行きたいと考えています。引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

病院紹介
院長あいさつ
病院概要
院内保育所
病院指標