教育体制

看護部教育方針

教育理念

教育目的

  • 安全で正確な技術と、その患者に最も相応しいケアを提供するために必要な看護実践能力の向上を目指す。
  • 患者・家族の思いを尊重し、その思いに共感・支援する役割を果たすことができる。
  • 専門職として、自分で判断し行動できる能力を養う。
  • 職場における自分の役割を遂行し、互いに尊重・協働しながら成長し合う姿勢を養う。

教育プログラム

看護部にはキャリアに応じた教育プログラムが用意されており、看護実践能力を高めるために必要な専門的知識の会得と技術の向上を、スムーズに行えるような積極的な支援体制を設けています。 また、チーム医療の中で、看護のプロフェッショナルとしての自己の役割を認識し、自主的に研究や学習活動を行いながら、自己の課題に取り組んでいくことを奨励しています。

現任教育体系

レベル 到達目標 研修内容 役割・
レベルアップ
キャリアアップ
  • 熟練した看護知識・技術の活用
  • 創造的な看護実践の展開
  • 管理視点を踏まえた看護実践の展開
  • 管理者の役割について
  • 師長代行見習い
  • 院外研修
    • 看護協会主催研修
    • 済生会本部研修
    • 済生会近畿ブロック研修 等
  • 済生会事業の参画
    • 無料低額診療事業
    • なでしこプラン
  • e-ラーニング
管理Ⅰ(主任看護師)・管理Ⅱ(看護師長)・中途採用者・看護補助者トピックス・
部署別看護研究・プリセプター
専門看護・認知症看護、
専門看護・創傷管理、
専門看護・乳がん看護、
専門看護・感染管理
  • 看護実践の役割モデルとなれる
  • 医療チームの中でリーダーシップが取れる
  • 後輩、学生に指導的な関わりができる
  • 問題解決能力:業務改善
  • 済生会近畿ブロック中堅研修会
  • 済生会の事業について
  • e-ラーニング
  • 自部署における基本的看護実践は、ほぼ単独で実践できる
  • 日々のリーダーの役割を理解し、支援を得て遂行することができる
  • リーダーの役割
  • 組織人として
  • 済生会の使命について
  • e-ラーニング
Ⅰb マニュアルにそって基本的看護実践が安全に提供できる
  • メンバーシップ
  • ケーススタディ
  • 専門職業人として
  • 済生会の使命について
  • e-ラーニング
Ⅰa 自部署に置ける基本的看護実践を習得し、支援を受けながら安全な看護が提供できる
  • 基本的知識、技術
  • 人間関係能力
  • 済生会の歴史と使命
  • e-ラーニング

※レベルⅣ修了から、管理、スペシャリストの領域に進むことができる

平成29年度現役教育計画はこちら

教育プログラム

当院では、入職時から一年間、新人看護師(プリセプティー)を先輩看護師(プリセプター)がマンツーマンで責任を持って指導しています。わからないことや困ったことは、いつでも先輩に相談できます。

さらに、他のスタッフとの調整役として、アソシエイトが新人教育をサポート。安定した環境の中、看護師一人ひとりが着実にステップアップできるよう、きめ細やかなカリキュラムで院内教育計画を実施しています。

  • オリエンテーション
  • BLS研修
  • フォローアップ研修
目標 教育内容
4月
  • 社会人、組織人として自覚と責任を持つ
  • 済生会の歴史と使命が理解できる
  • 病院・看護部の理念が理解できる
  • 所属部署の日勤業務を知る
  • 自部署で必要性の高い知識・技術が習得できる
  • 自己の健康管理ができる
  • オリエンテーション
  • 看護職員の基本姿勢と態度
  • 採血・注射
  • ポジショニング
  • ME機器の取扱い
  • 感染防止
  • 安全管理
5月
  • 指導のもと業務に就くことができる
  • 部署目標を理解する
  • リアリティショックを軽減できる
  • フォローアップ研修
  • コミュニケーションスキル
  • 防災訓練
6月
  • 支援を受けながらメンバーとして動ける
  • 夜勤業務に入る
  • 生活のリズムを調整し自己管理できる
  • 安全管理を理解しマニュアルに沿って実施できる
  • 夜勤業務について
  • 事故防止の基本的な考え方
  • 高齢者看護
7月
8月
  • 感染防止が厳守できる
  • 感染の振り返り
  • 多重業務課題
9月
  • 看護倫理を意識できる
  • 仕事の自己管理ができる
  • 他部署を知り、自部署の業務に生かす
  • フォローアップ研修
  • 創傷処置
10月
  • 技術チェックリストの達成度50%
  • 中間評価と課題の明確化
  • BLSの修得
11月
  • チームメンバーとして役割を認識し、協力できる
  • 異常の早期発見ができる
  • 人工呼吸器の取扱いと看護
12月
  • 患者への充分な説明と患者の選択が支援できる
  • 患者、家族支援
  • 心電図の異常波形と看護
1月
2月
3月
  • 技術チェックリストの達成度80%以上
  • 根拠に基づいた観察・技術の提供ができる
  • 1年間のまとめ
  • ラダー評価と更新
  • フォローアップ研修

看護部業績 -平成27年度-

学会発表

演者 演題 学会名
中川 真由美 NICUにおける快適な光環境を目指した 取り組み~間接照明利用照度調節~ 日本新生児看護学会 7月
伊藤 直美 経腟分娩後の入院延長がもたらし母乳率変化と医療者かわり 第24回母乳育児シンポジウム 8月
德永 勇太郎 スタッフのコスト意識向上を試みて~実態調査から見えてきたコスト意識への思い~ 日本看護学会-看護管理- 9月
谷口 誠二 患者の増悪因子をふまえたセルフケア支援 日本循環器看護学会 10月
久保 麻美 皮膚科外来での継続看護への取り組み~きずなノートを使用して~ 日本看護学会-ヘルスプロモーション- 11月
安永 雅美 当院NICUの感染防止対策の取り組みの現状と課題 周産期医療事例検討会 2月
大上 由希子 母子を離さないケア~母子同室を続けてきて~ 第7回近畿母乳育児フォーラム 2月
小川 麻由美 5年前後の抗体価検査データを比較分析した結果報告 環境感染学会 2月
江崎 八千代 看護師長における目標管理の実態調査~質問紙調査SMARTの原則によるチェックシートを活用して~ 済生会学会 2月
大野貴子 主任育成の取り組み~代行業務を通じて主任育成を考える~ 済生会学会 2月

院外研修・学会への参加実績 -平成27年度-

院外講演・講義

演者 演題 開催場所
清田 はるひ 在宅支援論「病院と居宅を結ぶ看護の実際」 神戸常盤大学 7月
井上 千秋
山口 広子
生活と福祉 兵庫県立神戸北高校
山口 広子 新生児ケアと異常の見方 市立伊丹病院 11月
小川 麻由美 洗浄・消毒・滅菌 医療安全管理対策研修会 7月
小川 麻由美 看護職員等による痰の吸引等の実施のための研修事業 兵庫県看護協会 6月、8月、11月
小川 麻由美 仁明会病院の看護師感染委員会管理職へ感染対策の側面から看護業務を見直すよう師長会で提言
小川 麻由美 診療所でのヒヤリハット対策 ~具体的カイゼン方法も含めて~ 兵庫県保険医協会北播支部 医療安全研修会
小川 麻由美 洗浄・消毒・滅菌 兵庫県保険医協会尼崎支部
小川 麻由美 感染症予防について 三田市立武庫小学校
小川 麻由美 感染対策研修会 仁明会病院
小川 麻由美 インフルエンザおよびノロウイルス対策 三田市総合福祉保健センター
小川 麻由美 「小児科のクリニックでの感染対策」 エバラこどもクリニック
小川 麻由美 院内感染予防勉強会 マムクリニック
伊藤 直美 済生会兵庫県病院の母乳育児支援~認定まで道のり~

座長

  • 清田 はるひ:
    第68回済生会学会 H28.2.28
  • 小川 麻由美:
    HICC定例会 ICNとして知っておきたい β-Lactamase産生菌の基礎知識~CREを中心に~

その他

  • 谷川典子:
    平成27年度臨床倫理研究会ファシリテーター養成講座修了
  • 谷川典子:
    全国済生会看護部長事業Ⅲ 研究に関する事業に協力

実習受け入れ校

  • JCHO 神戸中央病院付属看護専門学校(母性看護)
  • 神戸常盤大学(小児看護 母性看護)
  • 神戸常盤短期大学通信課程(小児看護 母性看護)
  • 民間病院協会看護専門学校二学科(小児看護 母性看護)

資料請求

病院見学

資料請求

病院見学会

pagetop