後期研修医師募集

済生会兵庫県病院トップページ > 採用情報 > 後期研修医師募集 > 産婦人科 後期研修プログラム

産婦人科 後期研修プログラム

産婦人科の特徴

産科では地域周産期母子医療センターとして、正常妊婦のみならず、NICUとの密接な協力関係の下に、神戸圏はもとより広く近畿地方各地からのハイリスクな合併症妊婦の母体搬送を受け入れています。さらに、内科的、外科的疾患合併妊婦に対応すべく、他科との連携の下に診療を行なっています。婦人科では不妊治療或いは悪性疾患に対する手術療法の他、腹腔鏡手術や子宮鏡手術をさまざまな良性婦人科疾患に対して積極的に導入し、患者に対して最小限の侵襲で最大限の手術効果を得るように取り組んでいます。また子宮筋腫の治療法として、放射線科との協力の下、子宮動脈塞栓術を行っています。

研修の目標

産婦人科とは生命の誕生からその死までの全過程にかかわる医学分野であり、周産期学、婦人科腫瘍学、生殖内分泌学と多岐にわたる領域において知識、技術を研鑽し、その問題を解決する能力を身に付けることを目標とします。

研修スケジュール、到達目標

指導医とともに主治医として診断、治療計画の立案、実施を行ないます。1年次、2年次にかけて産科臨床、婦人科臨床、産婦人科内分泌学、産婦人科感染症学、産婦人科病理学全般にわたる研修を行ないます。次に2年次から3年次にかけては外来診療に従事する機会を設けます。

週間スケジュール

  AM PM カンファレンス等
病棟回診、外来 産後検診  
病棟回診、外来 定期手術  
病棟回診、外来   母子センター合同カンファレンス
病棟回診、外来 定期手術 症例検討会
病棟回診、外来 定期手術  
病棟回診、外来    

指導スタッフ

  • 左右田 裕生(副院長兼診療部長兼医療安全管理室長)

    資格等

    • 日本産科婦人科学会専門医
    • 日本産科婦人科学会専門医制度指導責任医
    • 母体保護法指定医
    • 日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)専門医・暫定指導医
  • 藤田 一郎(産婦人科部長)

    資格等

    • 日本産科婦人科学会専門医
    • 母体保護法指定医
  • 船田 菜津子(産婦人科医長)

    資格等

    • 日本産科婦人科学会専門医
  • 牧原 夏子(産婦人科医長)

    資格等

    • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
    • 日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)専門医
    • 母体保護法指定医
採用情報
医師
後期研修医
看護部
訪問看護スタッフ
コメディカル
事務・その他