病院紹介

済生会兵庫県病院トップページ > 病院紹介 > 宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の対応について

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の対応について

当院では、宗教上の理由による輸血拒否に対し、「相対的無輸血(※1)」の方針に基づき、以下のとおり対応いたします。

  1. 1.可能な限り無輸血治療に努めますが、輸血以外に救命の手段がないような緊急の場合には、輸血およびその他同意書に同意の署名が得られなくても輸血治療を行い、救命のための治療を最優先します。
  2. 2.生命を救うため輸血が必要である場合、その必要性と輸血を行わない場合の危険性等を充分ご説明いたします。
  3. 3.当院の⽅針を⼗分に説明し理解をいただくように努めますが、どうしても同意が得られない場合は、他の診療機関での受診をお勧めします。
  4. 4.輸血拒否の意向をお持ちの患者さんに対して、そのことを理由に診療をお断りしません。
  5. 5.患者さんが持参する「輸血拒否と免責に関する証明書」等、絶対的無輸血治療(※2)に同意を求める⽂書に対する署名はいたしません。

以上の基本方針は、患者さんご本人の意識の有無、成人と未成年の別にかかわらず対応に変わりはありません。

なお、この「相対的無輸血治療(※2)」方針は個々の医師に判断を委ねるものではなく、当院全体の基本方針とします。

(※1)

相対的無輸血とは、患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至ったときには輸血をするという立場・考え方。

(※2)

絶対的無輸血とは、患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

病院紹介
院長あいさつ
理念・基本方針
病院概要
病院沿革
病院指標
広報誌のご紹介
院内wifi
第三者評価
NSDへの参加
研究情報
バリアフリー情報
寄付のお願い
新型コロナへの対応
患者さんの権利・義務
輸血拒否の対応について
医療安全指針
個人情報保護
ソーシャルメディアポリシー