専攻医(基幹型)

済生会兵庫県病院トップページ > 採用情報 > 初期研修医・専攻医(基幹型)・医師修学資金 > 専攻医(基幹型) > 専攻医プログラム

専攻医プログラム

内科専門研修について

済生会兵庫県病院は、地域に根ざした医療を目指しています。初診から入院、退院後まで継続して患者さんの診療を行うことが可能です。

大きな施設ではありませんので、逆に各科との連携は非常に密なものとなっています。困ったことや悩んだことはすぐに指導医・他科の医師とも相談しやすい環境です。

当院での研修を通して診察能力、患者さんとのコミュニケーション能力、コメディカルとの連携能力が磨かれると思います。

済生会兵庫県病院 副院長・指導責任者
 矢持 亘(出身大学:神戸大学)

プログラムについて

「済生会兵庫県病院 内科専門研修プログラム」の特徴として、基幹施設である済生会兵庫県病院で2年間、
連携施設あるいは特別連携施設で1年間の研修を行います。

連携施設として、神戸大学医学部附属病院、済生会中津病院、豊岡病院組合立豊岡病院があります。
また、特別連携施設として、朝来医療センターがあります。

連携施設、特別連携施設を自由に選択することが可能であり、オーダーメイドで研修を行うことができます。

専門研修・サブスペシャリティ

基幹施設/連携施設

基幹施設

サブスペシャリティ

循環器内科・消化器内科・腎臓内科・呼吸器内科

プログラムの特徴

特徴

主として循環器・消化器・腎臓・呼吸器及び救急分野の症例を十分経験することが可能です。
急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・診療連携などの経験もできます。

カンファレンス・勉強会

定期的(毎週1回)に開催する各診療科、あるいは、内科合同カンファレンスを通じて、担当症例の病態や、診断過程の理解を深め、多面的な見方や最新の情報を得ます。また、プレゼンターとして情報検索及びコミュニケーション能力を高めます。

外来研修

総合内科分野(初診を含む)と、Subspecialty 診療科外来(初診を含む)を少なくても週1回、1年以上、担当医として経験を積みます。

2023年度(令和5年度)内科専門研修プログラム

※画像をクリックすると、PDFで内容をご覧頂けます。
採用情報
  • 医師
  • 初期研修医・専攻医(基幹型)・医師修学資金
    専攻医(連携型・単位制)
    看護部
    コメディカル・事務・その他